カイロプラクティックとは

カイロプラクティック

* カイロプラクティックとは、不調(疾病)の原因となる脊柱上の分節を、素手によってのみアジャストをするシステムとされる。
* 世界保健機関の定義によると、筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職である。治療法として関節アジャストメントもしくは脊椎マニピュレーションを徒手によって行う治療手法を特徴とし、特にサブラクセーションに注目されている。

以下、下記に治療法の特徴を述べる。

創始者DDパーマーは、カイロプラクティックの定義をこのように定めている。

それを説明を加えて別の表現で解説すると、脊椎などの椎骨がずれて神経が圧迫され、神経機能を阻害されることが様々な病気や症状の原因となるという理論に基づき、ナーボスコープに代表されるインストゥルメンテーション(計器測定)と呼ばれる体表温度測定器によってサブラクセーション(一つの椎骨が上下の関係において正常な位置より変位して、神経圧迫を起こし、脳からのメンタルインパルス(ライフ・フォース、神経エネルギー)の伝達を妨害している状態)の位置や時期を確認し、X線写真にて方向や程度及びサブラクセーション退化の段階を精査し、その結果に基づき、必要な椎骨に、必要な時期に、必要な方向に、必要な深さと力で、素手による矯正(アジャストメント)によってのみ脊椎骨の配列を整え、かつ神経機能の妨害を取り除き、それにより、人間が本来持つ自然治癒力(カイロプラクティックではイネイト・インテリジェンスと呼ぶ)を100%働ける状態にすることで身体の機能を回復させようとする医療体系である、とも言える。

筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害、そしてそれらが及ぼす神経系の機能異常、ひいては健康全般への影響を診断、治療、予防し、なるべく薬物や外科を用いず自然治癒力を取り戻させようとするヘルスケアである。尚、オステオパス(DO)や医師(MD)や共に医学(西洋医学)に分類されているが、カイロプラクター(DC)は補完代替医療に分類され医学(西洋医学)ではない。むしろ思想は東洋医学に近い。
世界80ヶ国ほどの団体からなるWFC(世界カイロプラクティック連合)が非政府組織として加盟し、世界約30ヶ国(アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、香港、南アフリカ等)で法制化されている。WFCの日本代表団体は日本カイロプラクターズ協会(JAC)。

発祥の地アメリカでは多くの州で法制化されており、ドクター・オブ・カイロプラクティック「Doctor of Chiropractic」(D.C)や Chiropractic Physicianの名称の公的医療資格である。当然、治療前の検査に必要なレントゲン写真を撮る事も認められている。アメリカ国内では2年から4年制の一般大学卒業後、カイロプラクティック専門の医科過程を卒業し、カイロプラクティック資格試験に合格しなくてはならない。欧米諸国(イギリス、スイス、デンマーク、ノルウェーなど)の一部では、カイロプラクティック専門家という資格を法制化している国もある。日本では医業類似行為として認知されるものの法制化はされておらず、誰もがカイロプラクターを名乗る事が出来る。よって施術を受ける側は症状の悪化はもとより、業者によっては高額な回数券や健康食品、健康器具などを患者の弱みにつけこむ販売をしているので注意が必要である。
(フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ