P.P=患者さんの位置状態

Pt =患者さん

D.P=施術者の位置

Dr =施術者

LOD=刺激の方向性

S P=棘突起

T P=横突起

DRTリスティングとは椎骨のズレ(棘突起の状態)を表示する頭文字の複合記号です。

上:S=上方
下: I=下方
左:L=左方
右:R=右方
前:A=前方
後:P=後方

(例)PR=後右方 PL=後左方
P-A=後方から前方

これ以外にテキストでご不明な点があればページとその文章を教えてください。

できるだけご要望にお答えできるようにいたします。

DRTがより多くの皆様のお役に立てれば幸いです。